中欧の「おへそ」ハンガリー
  関本 正(せきもと ただし)
伊藤忠欧州会社 
ハンガリー支店長
MAP
筆者
筆者とスタッフ

はじめに

 ハンガリーは中欧に広がるカルパチア盆地にある人口1,000万人の国です。地理的には北にカルパチア山脈、南にバルカン半島、東はウクライナ、西はオーストリアに接し、ドナウ川が国土を貫流しています。全体に平たんですが、西側は丘陵が広がり、東部はハンガリー大平原と呼ばれる平野となっています。こうした地勢より、西欧とロシア、バルカン、トルコを結ぶ交通の要所、いわば、「おへそ」に当たる国です。
 ハンガリーは、第2次世界大戦では枢軸国側で参戦し、敗戦後、ソ連の影響下に入り、社会主義国となります。1956年のハンガリー動乱等の苦難の時代を経た後、89年の東欧民主化では先頭を切ってオーストリアとの国境の鉄条網を撤去して、大量に滞在していた東ドイツ人の西側出国を許し、ベルリンの壁崩壊の原因となりました。その後、民主政治、市場経済を取り入れ、90年代の体制変換の苦難を経つつも2004年にはEUに加盟し、西欧の一員としての立場を確立するとともに、着実に経済発展を進めています。
 私は2000年にハンガリーのブダペストに赴任し、そろそろ滞在も8年になりますが、その間、見聞きしたハンガリーについて、以下簡単に紹介します。

1.ハンガリーあれこれ紹介
(1) ハンガリー人はフン族、それともモンゴルの末裔(まつえい)
 ここ数年、日本から旧ハプスブルク帝国の旧都ツアーでウィーン、プラハ、ブダペスト等を観光で訪れる方々が飛躍的に増えましたので、ハンガリーもかなり日本人に知られるようになってきたように感じています。しかしながら、「モンゴルの末裔(まつえい)?」「フン族の国でしょう?」と誤解されている方が非常に多いのが実情です。
 ハンガリーは英語名で、ハンガリー語ではマジャロルサーグとなります。これはマジャール国という意味で、ハンガリー人は自分たちをマジャール人と呼んでいます。
モンゴル軍と戦った漁夫の砦とイシュトバーン王の像
モンゴル軍と戦った漁夫の砦とイシュトバーン王の像
 マジャール語はフィン・ウゴル語族に属する言葉で、欧州ではフィンランド語、エストニア語と同様、珍しいアジア系の言葉です。一番近い言葉はウラル山脈の東側に住む総勢3万人程度しかいないオスチャーク人、ヴォグール人の言葉で、マジャール人の故郷もウラル山脈周辺と考えられています。その後、マジャール人は今のウクライナに移り、トルコ系遊牧民族(ユダヤ教を国教とした謎の王国ハザール)の支配下に入り、9世紀の後半に今のハンガリーに移動し、スラブ系を中心とする原住民と混血し、定住したとされています。1000年にはイシュトバーン王がローマ・カトリックに改宗し、ローマ教皇よりハンガリー王国建国の承認を受け、15世紀までは中欧の大国として勢力を広げました。13世紀にはロシアからやって来たモンゴル軍の襲来を受け、ブダペストは灰燼(かいじん)に帰し、ハンガリーの人口も激減します。また、15世紀にはバルカン地域から北上したオスマン・トルコに敗戦し、国を3分割されました。17世紀には、オーストリア・ハプスブルク家がオスマン・トルコを破ると、今度は第1次世界大戦の後、独立するまで、ハプスブルク家の国王を頂き、同家の支配下に置かれました。
 フン族は4世紀にローマ帝国を襲った遊牧民で、モンゴルの欧州襲来は13世紀です。というわけでマジャール人はモンゴル族でもフン族でもない別の民族なのです。
 
(2) ハンガリー人について
 ハンガリー人の印象としては、「おとなしい」「まじめ」「悲観的にものを見る傾向が強い」「でも、大ざっぱ」「車を運転させると性格が一変する人が多い」「女性は働き者でしっかりしているが、男性は怠けもので大ざっぱな人間が多い」「効率をあまり考えない」「性格の傾向としてはウェット」というところでしょうか。このように書くとどうも性格分裂症の人を描写しているようですが、ハンガリー人に言わせると、「ハンガリー人の性格はドイツの影響を強く受けたイタリア人」なのだそうです。
 私はハンガリーを含む中東欧全域で仕事をしていますが、同地域の他の民族と比較すると、ハンガリー人は穏やかで、大言壮語癖がなく、仕事は時に遅くとも、基本的に信用を守る人々との印象を持っています。ユッタリズムを多少割り引くにしても、日本人として一緒に仕事をしやすい、付き合いやすい人々だと思います。
 もともと欧州では、孤立したアジア系言語をしゃべる人たちということもあり、対日感情はとても良好です。伝統的な日本の武道、芸術に対する関心のほか、最近は日本のアニメ、ゲームとともに育った20〜30代の世代に親日家が増えていること、日本食の普及により日本そのものへの関心が高まっていることが心強いかぎりです。
 また、ハンガリー出身の米国籍の人を含めると、人口当たりのノーベル賞受賞者数が世界一の国だそうです。数学、物理を中心に、極めて優秀な人材がそろっているようで、特技を活かしたソフトウェア開発も盛んです。
 
(3) ハンガリーの首都ブダペスト散策
漁夫の砦
漁夫の砦
 ブダペストは、ローマ時代にウィーン、ベオグラードと並び、ドナウ川沿いに設けられたローマ軍団の基地が発祥の古い街です。温泉の源泉がいくつもあり、ローマ人も入浴を楽しんだのでしょうが、トルコ人もトルコ風の温泉施設を残しています。今でも市内には屋内、屋外を含め5〜6ヵ所に温泉があり、風呂好きな方の憩いの場となっています。ハンガリーは内陸国にもかかわらず、水泳、水球競技に強いのですが、19世紀に温泉を利用してプールを作り、水泳を開始したことがその由来だそうです。
 ブダペストは南北に流れるドナウ川を境とし、西に山がちのブダ、東にハンガリー大平原につながるペストと分かれています。人口は約200万人と、ハンガリーの人口の約2割が住んでいます。ブダには王宮の丘と呼ばれる中世からの歴史を持つ旧市街があり、ハプスブルク家の王宮、13世紀に建設されたマーチャーシュ教会、モンゴル軍襲来の際、漁夫が(とりで)にしたという漁夫の(とりで)等の見どころがあります。王宮の丘を出ると、丘陵に沿って、住宅地が広がり、その先は猪、鹿も出る山が広がります。
 一方、ペストは19世紀後半以降、ハプスブルク帝国の下で繁栄した時代に整備された道路、建物が並びます。有名なところでは世界で3番目に大きい国会議事堂、聖イシュトバーン大聖堂、シャンゼリゼにならい建設されたアンドラーシ通り、英雄広場の歴代のハンガリー人諸英雄像というところです。
 アンドラーシ通りの地下にはロンドンに次ぎ、世界で2番目に敷設した地下鉄(1896年)が今も走っています。19世紀後半から20世紀初頭にかけて如何(いか)にブダペストが繁栄したか往時が(しの)ばれます。また、ブダペストにはエルサレム、ニューヨークに次ぎ、世界で3番目に大きなシナゴーグ(ユダヤ寺院)があり、これは19世紀後半から第2次世界大戦まで大変栄えたハンガリー・ユダヤ人文化の遺産です。
 ブダとペストを結ぶ橋の中で一番古いのは「鎖橋」で、夜は橋の鎖に付けられた電飾が輝き、幻想的な夜景に目を奪われます。最近では、ブダペスト市街地の再開発で大型ショッピングモールが次々と開店し、歴史のみではなくショッピングを楽しめる街になってきました。

鎖橋
英雄広場
鎖橋   英雄広場

 
(4) 消費の高度化:ショッピング事情
 私が初めてブダペストを訪れた91年は、社会主義経済から市場経済への移行を始めたばかりのハンガリーで、地場のトカイ・ワイン、サラミ、パプリカといった土産物以外、特に目ぼしい買い物はありませんでした。私は昔、西ベルリンに駐在していたのですが、壁を越えて東ベルリンへ行っても買えるものがほとんどなかった状況と似ています。2000年の赴任時はすでにドイツ系、フランス系のスーパーが進出し、フランス系のハイパーマートも郊外に3ヵ所あり、食料品、日用品には不自由しないという感じでしたが、アパート入居に際し、家具の入手に2〜3ヵ月かかる等、かなり不便な点も残っていました。ところが、2000年末より年中無休、24時間オープンを売り物にした英国系ハイパーマートの積極展開が始まり、その後の7年間で家電、家具、スポーツ用品等々のハイパーマート展開がかなり広がった結果、日曜に買い物のできない西欧諸国よりも便利な環境になっています。また、ショッピングモールの新規開発、消費の高度化、購買力の上昇にともない、ここ数年、イタリア、フランス、ドイツ、米国のファッションブランド専門店も目抜き通り、ショッピングモールへ、かなり積極的に進出しており、西側に比べ、多少洗練度が落ちるかもしれませんが、街並みもおしゃれになってきています。農産品などのハンガリー産品は安いのですが、他の消費物資のほとんどは西欧からの輸入品ですので、値段の方は西欧に比べ、多少割高な感は否めません。
 
(5) 食事・レストラン事情
 私が赴任した時、ブダペスト市内にはハンガリー料理の有名店が数店、イタリア・フランス料理店が数店、日本料理店は3店という状況でした。まだレストランでの外食は贅沢(ぜいたく)というイメージで、地元のお客さんも少なかったように記憶しています。2002年ごろ、ファッショナブルな「ラウンジ」スタイルで地中海料理、エスニック料理を中心に多国籍料理を出すレストランが出現し、お金に余裕のあるお客に広く支持されたことで状況は一変し、その後は毎年、味、スタイルとも洗練されたレストラン、バーが続々開店し、レベルの高いレストランの数では間違いなくプラハ、ワルシャワを圧倒しています。日本料理店も今では10店以上になりました。
 ハンガリー料理は一言で言うと、脂っこく、辛く、塩も効いているということになろうかと思います。名物はなんといってもハンガリーの代名詞「グーヤシュ」です。パプリカの赤みの利いた牛肉のスープで、もともとは、ハンガリー大平原で牧童が野外で大なべに()き火で作るスープです。牛肉に替え、コイ、ナマズを使ったものは「ハラースレー」と呼ばれ、これも名物です。
 ハンガリーはフォアグラ(グースレバー:灰色ガチョウの肝臓)の世界最大の生産国で、フランスに輸出しているのですが、その産地とれたてのフォアグラを輪切りにし、両面を軽く網で焼き、甘口のトカイ・ワインで蒸した料理は、ハンガリーならではの至福の味です。余談ですが、ガチョウの肉、フォアグラ生産の副産物はグース・ダウン(ガチョウの羽毛)で、ハンガリーは国の指導で過去50年間、グース・ダウンの品質向上、品質維持の研究を行い、世界最高品質のグース・ダウンを日本、北米を中心に輸出しています。その他の肉類では、灰色牛、毛が非常に長く、その脂身の旨みで有名なマンガリツッア豚などハンガリーでしか味わえない特産もいろいろあります。
 ハンガリーはワインの産地で、中でも有名なのはトカイで産する貴腐ワインです。その甘いデザートワインはルイ14世が愛飲したことで知られています。貴腐ワインだけではなく、コクのある赤ワイン、軽やかな白ワインともに欧州でのコンクールで優勝を含む上位入賞する逸品が多くあります。当地にお越しの機会があれば是非お試しください。
2.日本企業の活動と駐在員生活環境
(1) ハンガリーでの当社業務
 当社は78年にブダペスト駐在員事務所を開設しました。当初は繊維、機械、化学品、物資、食料等の輸出入という典型的な商社活動が中心でしたが、日系企業の進出が始まった90年代初めより、企業進出に際しての会社設立、インセンティブ取得、設備据付関連手続き等のコンサルティング活動、部材の現地調達支援、ジャストインタイム納入を開始し、また、進出企業の総合物流ニーズにこたえるため、92年に物流会社を設立する等、日系企業進出サポート業務を拡充してきました。
聖イシュトバーン大聖堂
聖イシュトバーン大聖堂
 中東欧は一国一国が小さく、例えばハンガリーだけを相手にしていたのでは商売の拡大が難しいので、当初より他の中東欧諸国にある当社事務所と連携し、ハンガリーで行っているのと同様の業務を他の国でも手掛けてきました。2004年5月の中東欧8ヵ国、2007年のルーマニア、ブルガリアのEU加盟で中東欧は一つの国内市場になっていますので、これを追い風に中東欧全体でのトレーディング、物流、企業進出サポート、生産部材のジャストインタイム納入業務、消費の拡大する市場でのリーテイル等、業務をさらに拡大しています。
(2) 日本企業に開かれたハンガリー
 ハンガリーにおける日本の直接投資は、社会主義体制下の84年に他の東欧諸国に先駆けて行われて(日本とハンガリー資本合弁での発泡シート製造)以来、90年代から今に至るまで、自動車、電気製品・電子部品産業を中心に着実に積み上がっており、100社を超える日系企業が進出しています。特に2000年から2003年にかけてはかなりの企業が進出し、私も相当数の日本企業の立ち上げ、原料・資材調達、物流にかかわるお手伝いをさせていただきました。
 旧社会主義国では日本企業のステータスが高く、西欧に比べて優秀な人材を確保しやすいように思います。また、西欧と違い、ハンガリー人は素直に日本人の仕事のやり方を聞いてくれるので(実行はユックリズムでも)、それも日本企業にとっての利点だと思います。
 日本からの投資の流れは90年代から2003年までのハンガリー、2002年から盛り上がったチェコ、2005年以降、投資の続くポーランドと変化しています。また、こうした中東欧諸国への投資増で人材の確保が非常に厳しくなっていることも事実です。しかしながら、西欧、ロシア、バルカン・トルコの中間という地理的利点があり、人件費、地価等、生産コストが西欧に比べて安く、政府の各種補助も期待できます。その中東欧諸国の中でも、交通の要衝であるハンガリーに日本からの投資が今後も増えることを期待しています。
 
(3)駐在員の生活環境
 夏はからりと乾燥して暑く(最高40度くらい)、冬は寒い(最低マイナス15〜20度くらい)という気候です。娯楽としては、ゴルフ場もそろっていますので、日本人の方は、夏はゴルフ、テニス等で、汗を流す方が多いようです。ハンガリーは大ナマズがいることで有名で、太公望の方でしたら、ナマズ、コイの大物釣りもお勧めです。冬は屋外での活動はなかなかできないのですが、隣国オーストリア、スロバキアでのスキーも車で数時間行けば可能です。また、コンサート、オペラ等も充実しています。
 治安は良好で、夜中に出歩いても身の危険を感じるようなことはありません。一昨年には首相の失言に対する暴動があり、かなり報道されましたが、実際は一部地域で一部の人々が騒いだという感じで、日常生活にほとんど影響はありませんでした。
 前述のとおり、ブダペストには日本食レストランもかなりそろっていますので、食事の点でもかなり満足できるのではないでしょうか。
 公共交通機関は充実しており、地下鉄、市電、バスは時刻どおりに正確に運行され、市内中どこでも行けますので、駐在員のご家族にも便利です。車の運転にも特に問題はなく、駐在員の方々は普段車を運転している方が大半です。
 以上、書き連ねてきましたが、日本ではあまりなじみのない中東欧、そこに位置するハンガリーという国について、多少なりとも皆さまの参考になれば幸甚です。多くの方がハンガリーを訪問され、この国を理解いただくことを願っています。
伊藤忠商事株式会社ホームページ